site map

週刊テレビガイドの番組表!週刊テレビガイド 映画番組ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団

週刊テレビガイド 映画番組

ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団についてご紹介したいと思います。
今晩は! ついにあのハリー・ポッターの新作不死鳥の騎士団がきましたね!
もう直ぐ公開ですね。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」!シリーズ第5作の日本公開に先がけて、27日主演のダニエル・ラドクリフが約4年半ぶりにプロデューサーのデイビッド・ヘイマンと供にジャパンプレミアに参加するため来日した。劇中、ティーンエイジャー真っ只中のハリーが初キスを体験する本作。当然の様に、日本の間抜けなマスコミは、ダニエル・ラドクリフに初キスの感想について質問していた。恋愛のそれと習慣の挨拶がてらのキッスでは、違うがそんな子供騙しの質問しか出来ない日本のプレス・マスコミに対して、幼い違和感の感情を抱くのは私だけだろうか!?恐らくも完全なリップサービスだろうが、熱狂的な歓迎を受けたラドクリフは、「日本のファンはサイコー! 来てくれてアリガトウ!」と満面の笑顔で会場のファンに挨拶した。イベントの最後には、作品中の呪文「ルーモス・マキシマ!」(光よ)という掛け声で、光で作られた高さ約600メートルの“魔法の塔”を出現させた。大きな興奮と歓声の中、壇上の2人も満足した面持ちで光の塔を見上げていたのが印象的であった。

また翌29日には、都内で記者会見を行った。やはり、またもや主人公の初キス体験に質問は集中し、それを見越してか優等生の答えが返ってきた。「(大画面にキスシーンが映し出され)Oh! Thank you.(笑) 演技なのでいつもどおりに撮影しましたよ。期待している答えではないかもしれませんが」とクールに初体験を語ったラドクリフ。しかし彼を子供のころから知るヘイマンは「涙を浮かべて見る者もいるくらい、スタッフにとっては感慨深いものがありました。次はロンですね(笑)」と子供たちの成長ぶりに感動もひとしおといった様子であった。最後にラドクリフは「今作はシリーズの中でもベストだと思う。ストーリーも演技もレベルアップしているから。日本国内史上最多の920スクリーンで公開されるのは大変光栄。もっとファンが増えてくれたらうれしい」と今回の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」をPRした。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」7月20日(金)より、全国拡大ロードショーとなる。

◆ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団全2巻(完結)

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、http://eikou.livedoor.biz/"target="_blank">週刊テレビガイドの番組表のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

<<プロ野球 TVガイド週刊テレビガイドの番組表!のトップへテレビ番組 視聴率>>

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字