site map

週刊テレビガイドの番組表!週間テレビガイド 報道特別番組池上彰 テレビ東京の選挙特番

週間テレビガイド 報道特別番組

池上彰氏の選挙特番が凄い好評でした。

池上彰氏と云えば、慶應義塾大学経済学部卒業で2005年に日本放送協会(NHK)を退社しフリーランスでの仕事をしていましたが、正直に言えばもう一つぱっとしなかったですね。

それが昨今は、「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」とか「世界一受けたい授業」とか、「ズームイン!!SUPER」、「ルビコンの決断」とレギュラー出演番組をも持つほどに人気が上昇してしまいました。

難解なシームを信じられない位頭の悪い芸能人相手に、見事に説明するのが高く評価されているようです。それの大元は子供専門に時事問題を解説する番組なんですが、すでに大人の私もよく拝見していましたね。

若干、中国などの政権を擁護する偏向思想の持ち主であるのがとても気になります。もしかしたら反日勢力の1人かも知れません。

それは置いておいて、先日の2010年7月11日に行われた参議院選挙の特番におけるその切れのある解説と質問がまれにみる高評価だったようです。

最近では、一晩に掛け持ちの番組を持つのも凄いことです。
テレビ東京の「TXN参院選特番」の第一部の「池上彰の選挙スペシャル」を担当した。
面白いのはその日の新聞のラテ欄の番組紹介なのだが、「池上解説タブーなし」とあった。

池上彰ファンとしては期待した人も多かったと想うが、まったくもって期待を裏切らなかったですね。
公明党と創価学会の関係や日教組というNHKや他の民放各局が決して触れないタブーと云おうか「闇」に平然と切り込んでいったのには驚きと賛辞を送りたい。

又、民主党が第二党に転落した事実について、蓮舫行政刷新担当相への、「一番じゃないとダメなんですか?」の皮肉は最高でした。

更に、話題の谷亮子には、きつい「柔道と政治両立できるんですか?」と「試合と国会重なったらどっちにくるんですか?」の質問と、政治運営の知識が全く無いのに通り一辺倒の事しか答えない谷亮子に「参院ではどこの委員会に所属しようと思ってるんですか?」の本当に政治が判っているのか・・・と云わんばかりのパンチを浴びせたのには実に痛快であった。

次回の選挙特番が早く見たいと思った視聴者は多いことだろう。

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、週刊テレビガイドの番組表!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。御機嫌よう!グッドラック!!

<<エアベンダー監督 前世は日本人週刊テレビガイドの番組表!のトップへテレビで紹介された商品の情報ランキング>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 2. ロシュフォーヌの恋人達
    • 2011年01月24日 16:10
    • 安田専太郎さんへ!

      コメント有難うございます!
      映画がお好きなんですね。

      そうですね。
      サウンド・オブ・ミージュックとタイタニック見れたらいいですね。

      グッドラック!!
    • 1. 安田専太郎
    • 2011年01月04日 05:04
    • 何時も番組表を見ながら好きな映画、ドラマを見ています前回風と共に去りぬを見ましたが何度見ても感動しました、次回もあのような名作を見せて下さい、1月4日に中共テレビでサウンド・オブ・ミージュックの予定がありましたが私の所は中共テレビは見られませんのでBSテレビでちかじかに見せてください。
      見たい映画、1、サウンド・オブ・ミージュック
      2、タイタニックなどが見たいです、是非お願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字