site map

週刊テレビガイドの番組表!週刊テレビガイド バラエティーたかじんのそこまで云っていいんかいと嫌韓国の意識

週刊テレビガイド バラエティー

最近は、あれだけ反日的だったマスメディアが一部変化して嫌韓傾向にある。

つまりやっと一部の日本人だけでなく普通の一般的な日本人、大衆にも特亜と表現されるちょっといかれた韓国人や韓国という国がどんなくにかという事が浸透して来たようだ。

特に、日曜のバラエティー「屋敷たかじんのそこまで云っていいんかい」の努力と影響は大きい。

実に喜ばしい事である。

彼の国、つまり自国の方が歴史を捏造し、国民に出鱈目の歴史を教え込んでいるくせに日本に対して歴史認識を改め、永遠に謝罪しろなどと実にふざけた異常な要求を突き付け主張し続けてきている。

開いた口が塞がらないとはまさにこのことである。

更に更に最近はというか随分以前から、国をあげてアメリカだけでなく世界的に反日ロビー活動を展開しているのである。日本も対応策を講じろとずっと叫ばれてきたが、あの元在日朝鮮人が60%と云われる売国奴政権民主党の時代には更に逆行し後退してしまった。

やっと今の自民党政権下で、逆襲が始まったという事である。
まさにこれから日本人の逆襲が始まるのである。

又、世界に目を向けると、世界的にも嫌韓国の意識が拡大しその輪が広がりはじめている。

韓国人お断りのホテルやタクシー、レストラン、韓国人との国際結婚禁止、入国禁止、数えあげたらきりがないほど嫌われている。

面白いのは、有識者を除いて、韓国の大半の国民連中には嫌われているという意識がないのだから恐れ入る。
まさに厚顔無恥である。

日本再生、復活のためには安倍首相を守らなければいけない。
向こう20年位は首相をして頂きたい篝である。

<<NHKの偏向報道と作られた韓流ブーム

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字