site map

週間テレビガイド ワイドショー

サンデージャポンで問題発言を繰り返す早川久美子衆議院議員が注目されました。

民主党への苦言一切を否定する早川久美子衆議院議員の無能さと、国政・国民を無視した民主党体制維持の発言・コメントに視聴者からの疑問が集中しました。

番組では、今国会での異例の野次の多さとこれまでは考えられない品格の無さを取り上げました。更に、番組レギュラーのコメンティーターである弁護士が、異常な状態であり、自民党と民主党それぞれの野次の仕方を分析した。

自民党は、個人が個別に野次を飛ばすが、民主党の若手は組織化され野次を飛ばすとの発言に対して、要約すると「・・・決してそんな事はありません」と否定し、すっとぼけて見せた。

この民主党早川久美子衆議院議員のところにはテレビはないのだろうか?
それとも、国会中継は見ないのだろうか?
どこを、どう見れば、「・・・決してそんな事はありません」などと云えるのだろうか?

この一連の「民主党若手の組織化された行動と発言」には一種の恐怖感さえ覚えるのは私だけだろうか。日本の国政の全てが、元在日朝鮮人の出自であると噂される小沢一郎の思惑通りに決定されてゆくこの異常な事体に国民はもっと危機感を持つべきである。

更に、小沢氏の指示で彼のチルドレンに対して「国政の事など考えないで、次の選挙対策だけ考えろ!」という国民を愚弄する発言には驚きを越えて不信感を抱く。

国民のためと宣言し当選しながら、「仕事はせずに次回の己の保身の活動に専念する」とは、どこまで国民を馬鹿にしているのか。

又、彼女は、司会からの振りではなく、今回青森の美人県議が自民党から国政に出馬するかも知れないよいうニュースを捕らえて、「どんな仕事をしているのか知りませんが」と前置きし、「いかに美人であろうとも国政に出るのは大変ですよ」と己の仕事の実績は棚において皮肉ってみせた。

小泉チルドレン、小沢チルドレン、同じレベルで無能な数合わせの存在のくせに、よくもま〜己の事を棚にあげあそこまで言えるものだな〜と感心した次第である。

そこに、西川文子さんが、突っ込んだ。
「早川久美子先生も以前、グラビア写真とか出していませんでした?」

爆笑である。

当サイトの正直な感想を云おう。両顎の、つまりエラの張った、つまりあまり美しくない民主党早川久美子衆議院議員のグラビア写真に何の性的な魅力も感じない。ということは、寝技で衆議院議員の地位を勝ち取ったのか?比例復活だから相当下位当選なのだが、責任感というものはないのか?

最近の民主党議員の無能ぶりと、小沢擁護の発言と、あれほど自民党時代の時に優等生発言をしておきながら、立場変われば、知らぬ存ぜぬと平気で誤魔化しとぼける・・・この現実。

こんな議員は要らない。まるで悪夢である。
これで、在日外国人の地方参政権が認められれば日本人に未来はない!

しかし、NHKでの国会中継という証拠がありながら、又、野党時代には嫌ほど政治と金の問題を追及しながら綺麗事を言いながら、いざ立場が変わると、舌の根も乾かぬ内に前言を翻すこの民主党という鬼畜か狐狸の集団には怒りさえ覚えるのは私だけだろうか。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。ラストまでお読み頂き感謝いたします。そんなあなたに幸運を!この記事は、週刊テレビガイドの番組表のオリジナルによるものです。それでは、又お会いしましょう。御機嫌よう!

週間テレビガイド ワイドショー

宮根誠司と情報ライブ ミヤネ屋の評判について興味がおありですか。

最近、宮根誠司が司会の「情報ライブ ミヤネ屋」という関西ローカル番組の評判・評価に変化が現れてきたようです。宮根誠司さんは、関西では、毎日放送の若手や、関西テレビの中堅と人気を争うフリーのアナウンサーです。

さて、お昼時から午後の一時の人気情報やバラエティー番組は、どんな素晴らしい・凄い人気女優や男性司会者が担当しても、基本的には過半数以下の数字ですが、多かれ少なかれケチが付くものですという前置きをしておきます。

で、最近、「情報ライブ ミヤネ屋」の評判・評価に変化の兆しが現れたということなんですが、どういうことなのか分析整理してみました。

大袈裟な表現ですが、事の発端は、昨年来、司会の宮根誠司を在東京キー局の人気アナウンサーの羽鳥慎一(日本テレビ)・安住紳一郎(TBS)の二人とやたら比較するが、内容が全くない番組を数回に渡って企画・放送しましたが、その評判があまり芳しくなかった様である。

それに追い討ちをかけたのが、昨年末の番組の沖縄ロケで、同時間に他局が混迷する政治問題を扱っている際に、番組自体がやたら宮根誠司を持ち上げ、沖縄の人々に「宮根誠司」を知っていますかとといかけるシーンが連続した点が、不況を買ったようである。

たかが、大阪ローカルでちょっと人気が出たからといって、沖縄県民の人々がそれを認知する訳がないのに、下らない時間が流れていったようである。番組展開上かなり無理があり、最後は、お決まりのグルメと人情で再会を約束するというものである。

又、やたら関西での人気ナンバーワンで、頭脳明細で、面白い事を云うというイメージを、ファンや視聴者からではなく、同番組サイトから発信するのが視聴者から見ると鼻につくようである。これはまさに自画自賛である。もちろん、芸能界のブームや人気というのは必ず火付け役が居るから起きるという事は、視聴者も重々理解しているだろうが、タイミングを誤ると実に白けてしまうものである。分相応でない印象を与えたら終りである。

又、政治問題などを取り上げる際には、彼(同番組)の初めから答え在りきの司会・進行に、コメンティター達が誘導尋問されている様な印象が濃厚で、それらの意見・主張にあまり魅力を感じられないという点が顕著であるようである。これに関しては、多かれ少なかれ報道を気取るバラエティー番組ではいたし方ないことではあるが、視聴者目線ではそれが目立ち過ぎる印象が強いのだろう。

又、同番組内での売りなのだが、彼がよく「国民」とか「一般の人々」、「大衆」の目先でという様な背景から、もしくは代表であるかの様な「彼の意見・質問・問いかけ」をコメンティター達やゲストにするのだが、あまりにも日本人の良心と品格に欠ける低次元の質問で、根本的な、もっと重要な問題から反れる事がよくある。あくまで当サイトでの比較論だが、他の番組では、もう少し品質が高く、司会者に誘導されている様な印象は和らぐのだが、いかに!?

最近、同番組でスマッシュヒットした番組シームに、流通ジャーナリストの金子哲雄氏の「池袋価格」というのがある。詳細は、「池袋価格の意味とは」をご覧下さい。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。ラストまでお読み頂き感謝いたします。そんなあなたに幸運を!この記事は、週刊テレビガイドの番組表のオリジナルによるものです。それでは、又お会いしましょう。御機嫌よう!

週刊テレビガイド バラエティー

サプライズについて興味はおありでしょうか?
日本テレビのバラエティー番組サプライズがそろそろ人気が出てきたようです。
何と、毎週月〜金の中で、19:00からの番組にしては珍しく毎回MCと番組シームが変るという試みに挑戦している。唯一、山瀬まみちゃんだけが一番出番が多いか?
<サプライズ>
http://www.ntv.co.jp/surprise/
日本テレビ 毎週月〜金  19:00から!

月 山瀬まみ・くりぃむしちゅー トーク&アンケートショー!
火 山瀬まみ・ウエンツ瑛士   ブカツの天使&珍道中!
水 山瀬まみ・えなりかずき   えなりが話題の現場・現象・人物に迫る!
木 辛坊治郎・大竹まこと    怒っている人&募集!
金 山瀬まみ・爆笑問題     勝手に表決する!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、週間テレビガイドと月間テレビガイドのオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

週刊テレビガイド バラエティー

おもいッきりイイ!!テレビについてご存知でしょうか?
えっ知ってる!?「おもいッきりイイ!!テレビ」ですよ。本当ですか?
公式ホームページで、確認してみて下さいね!

<おもいッきりイイ!!テレビ 公式ホームページ>
★http://www.ntv.co.jp/omoii-tv/

もしかして、みのもんたの「午後は○○思いっきりテレビ」と勘違いしていませんか!?笑い^^!・・・でしょう。私もつい最近知りました。

実は、「午後は○○思いっきりテレビ」は、視聴率の低迷を受けて、2007年10月1日より、「おもいッきりイイ!!テレビ」にリニューアルし、再編されていたのでした。いや〜驚きましたね!?笑い^^!

2007年10月1日から、やはりみのもんたを司会に、同じ日本テレビ系列で放送が始りました。コンセプトとしては、全番組とあまり変らない平日昼のバラエティー情報プログラムというものです。面白いところでは、眞鍋かをりとハーバード大学出のパトリック・ハーラン(パックンマックン)などを司会に採用してきた点ですかね。

更に、宮川泰作曲のオープニング曲を、 ウィリアム・テル序曲(スイス独立軍の行進)に変えましたね。かなり思い切っりましたね。笑い^^!

しかし、話はこれで終りませんでした。それでも止まらない低視聴率のために、すでに2009年3月一杯で番組放送の終了が決定していたのでした。あまりに短い運命だった訳ですね。次回2009年4月からの同時間の放送番組は、メイン司会者に中山秀征を起用し、仮名ですが「おもいっきりDON!」という発表がなされています。さ〜、どうなる事でしょうか!?

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、週間テレビガイドと月間テレビガイドのオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

週刊テレビガイド バラエティー

午後は○○おもいっきりテレビが終了!?公式ホームページでもそんな事言ってたかな?今日は、みのもんたの午後は○○おもいっきりテレビ終了の噂について取り上げたいと思います。
そんなこんなで、早速「ごごはまるまるおもいっきりてれび」の公式HPでチェックしてみましたら、何とすでに終っていました。思い起こせば、1987年10月5日から2007年9月28日までの約20年という長き番組でした。あれっ?でも先週もみのもんたが司会していた番組を見たぞ〜!あれは一体何なんだったんだ?

すみません!引っ張り過ぎましたでしょうか?

実は、「午後は○○思いっきりテレビ」は、視聴率の低迷を受けて、2007年10月1日より、「おもいッきりイイ!!テレビ」にリニューアルし、再編されていたのでした。全く知りませんでしたね!?日本テレビ曰く、番組の放送開始20周年を機にリニューアルしたという理由を発表していますが、どうなんでしょうか、ちと苦しい言い訳の様な気がします。

<午後は○○おもいっきりテレビ 公式ホームページ>
★http://www.ntv.co.jp/omo-tv/

ズバリ、理由は2つあります。

この視聴率低迷の原因は、高橋佳代子さんが居なくなったからだと私は想っています!笑い^^!本当は、「みのもんたの朝ズバッ!」での労働者を顧みない、あくまで経営者サイドからの高飛車な問題発言に、視聴者がみのもんたに不信を抱き敬遠され始めたのが一番の理由だと私は想う。例のフジテレビの「発掘!あるある大事典II」の捏造(関西テレビ制作)事件のネタ元である健康食材の情報コーナーが、一大ブームとなる現象を起こしたりしていたので、視聴者の目が厳しい状況の中、あまりに極端な健康効果をうたうような番組制作が出来なくなったのも理由の一つである。以前から私は回りの人間に言っていましたが、「日本人が普通に昔から食べていた四季折々の食材を、普通に好き嫌いせずに食べていればいいんです!」という事なんですね。
それを一喜一憂して騒いだ視聴者もどうかと想います!?
私にとっては、高橋佳代子さんが居なくなった時点ですでに終っていました!!笑い^^!

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、週間テレビガイドと月間テレビガイドのオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

週間テレビガイド ワイドショー

情報ライブミヤネ屋についてご存知でしょうか?全国の皆さんには、ミヤネ屋って何〜!?・・・と云われそうですね!笑い^^!
情報ライブミヤネ屋とは、宮根誠司が司会する関西のメジャーの一歩手前的な情報バラエティー番組です。毎日放送の角純一とためを張っているつもりですが、もう一つでしょうか?頑張って欲しい限りです。
ニュース/報道、ワイドショー、事件、芸能、スポーツ、最新トレンドと幅広い情報を、フリーの宮根誠司と森若佐紀子(読売テレビアナウンサー)が面白く判りやすく伝えてくれます。

毎週金曜日
日テレ
宮根誠司  森若佐紀子(読売テレビアナウンサー)(他)

★情報ライブミヤネ屋
http://www.ytv.co.jp/miyaneya/

現在、スタジオ観覧者を募集中だそうです。
希望の方は、住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、メールでご応募下さい。
miyaneya@ytv.co.jp

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この情報はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供は、週間テレビガイドと月間テレビガイドのオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

週間テレビガイド ワイドショー

素敵な宇宙船地球号っていいですよね!
今晩は、週刊テレビガイドの番組表!です。
素敵な宇宙船地球号についてご紹介したいと思います。

今回の素敵な宇宙船地球号は、都会の悪辣な環境に挑戦したものだ!
「大都会ドブ川の奇跡Vol.3ホタルが舞う川大作戦(仮)」
果して、川に蛍は戻ったのか?如何に?

◆5月20日(日)
◆23:00 - 23:30
◆テレビ朝日

「大都会ドブ川の奇跡Vol.3ホタルが舞う川大作戦」ワンドをさらに整備 しようと、
05年9月にスタートした埼玉県川口市の「旧芝川再生プロジェクト」最新報告。これまで2回の放送で、魚や虫、鳥などがよみがえった旧芝川の姿を伝えてきた。今回は、工場排水の浄化に挑む。上流にある製紙工場の協力を得て、まずは「フィルター作戦」。排水のゴミによってフィルターが詰まらないようハイテクフィルターを使うことに。もう一つの新兵器は「マイクロバブル作戦」。極小の泡「マイクロバブル」を水中に混ぜ、酸素の量を増やす。豊富な酸素は、川を浄化する微生物の活動を促す。これまで川を汚していた排水が、川をきれいにする水に変わった。 どうやら、努力は実った様だ!だが、問題はこれからだ。

最後まで読んで下さり有難う御座います。あなたの人生において有意義なテレビ番組と出会えることを切に願って止みません!そして、そんなあなたに幸運が訪れますように!この記事の情報提供は、週刊テレビガイドと週刊テレビガイドの番組表!のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!